アクセスカウンタ

<<  2008年12月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


マダラカマドウマ

2008/12/30 20:52
普通種なので、邪険に扱われたりするけれど、その模様といい、プロポーションといい、大きさといい、格段にすばらしいカマドウマといえよう。
画像

マダラカマドウマ Diestrammena japanica
Locality: Hyogo
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ヤブキリ

2008/12/29 00:22
普通種にして、分類は超難解。日本の直翅類研究はヤブキリに始まってヤブキリに終わる(まだ終わってない!)
画像

ヤブキリ Tettigonia orientalis
Locality: Osaka
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タカネヒナバッタ

2008/12/28 01:38
名前からして、高山性ヒナバッタのようだけれど、それほどでもない。ちょっとした高原にいて、高山帯にはいない。
画像

タカネヒナバッタ Chorthippus intermedius
Locality: Nagano
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タンボコオロギ

2008/12/27 01:04
本州で初夏のコオロギといえば、タンボコオロギ、コガタコオロギ、ナツノツヅレサセ、タイワンエンマ、クロツヤコオロギ。タンボコオロギはこのうちで最も普遍的。ジャ・ジャ・ジャ・・・という鳴き声は初夏の水田の風物詩。秋にもいるけどね。
画像

タンボコオロギ Modicogryllus siamensis
Locality: Hyogo
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


クロヒバリモドキ

2008/12/25 22:55
ヒバリモドキの中でいちばんツヤツヤ。
画像

クロヒバリモドキ Trigonidium cicindeloides
Locality: Amami-oshima
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


オキナワヒラタヒシバッタ

2008/12/24 18:57
日本では熱帯のように奇抜な形の直翅は少ないが、ヒラタヒシバッタはちょっとそんな感じがしないでもない。
画像
オキナワヒラタヒシバッタ Austrohancockia okinawaensis
Locality: Kume-jima
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ツヅレサセコオロギ

2008/12/22 23:20
いちばん身近なコオロギといえば、エンマよりもこれ。
画像

ツヅレサセコオロギ Velarifictorus mikado
Locality: Hyogo
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


コバネイナゴ

2008/12/21 19:28
やはりイナゴはたんぼが似合う。
画像

コバネイナゴ Oxya yezoensis
Locality: Hyogo
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


コバネヒメギス

2008/12/20 00:13
対馬にはコバネヒメギスが異常に多い気がする。なにかこう、翅の短い黒いキリギリスの生息に適したものがあるのだろうか。
画像

コバネヒメギス Chizuella bonneti
Locality: Tsushima
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


コカゲヒシバッタ

2008/12/18 22:27
八重山では林内の湿った岩の上に珍しいヒシバッタが多い。これもそのひとつ。
画像

コカゲヒシバッタ Sciotettix sakishimensis
Locality: Ishigaki-jima
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


キアシヒバリモドキ

2008/12/16 22:04
能勢の山間草地にて。ここもシカが増えてえらいことに。まわりはマダニだらけだった。
画像

キアシヒバリモドキ(キアシクサヒバリ) Trigonidium japonicum
Locality: Osaka
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ツユムシ

2008/12/15 20:44
荒地の代表種。
画像

ツユムシ Phaneroptera falcata
Locality: Tsushima
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


コガタコオロギ

2008/12/14 21:42
初夏のコオロギ。ツヅレサセコオロギに似ているが、鳴き声は明瞭に異なり、ビィーッと一声。
画像

コガタコオロギ Velarifictorus ornatus
Locality: Wakayama
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


ハヤシノウマオイ

2008/12/11 22:59
よく似たハヤシノウマオイとハタケノウマオイ。鳴き声が明瞭に異なるので、別種であることに疑いはない。オスでは発音器の模様で区別できるが、メスの形態ではお手上げ。採集時に周囲で鳴いている声がハヤシだったかハタケだったか。これがウマオイの♀標本に付すべき最も重要なデータなのである。
画像

ハヤシノウマオイ Hexacentrus hareyamai
Locality: Osaka

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


アシジマカネタタキ

2008/12/11 01:30
分類の難しいグループのひとつ。奄美産のこれも本当に普通の(本州の)アシジマと同じかどうか。
画像

アシジマカネタタキ Ectatoderus annulipedus
Locality: Amami-oshima
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ヒメスズ

2008/12/08 23:08
小型で地味な林床性のコオロギ。口髭の白がチャームポイント。
画像

ヒメスズ Pteronemobius sulfurariae
Locality: Amami-oshima
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


クルマバッタ

2008/12/08 00:10
成虫でも背中は丸くもりあがるが、幼虫はまた派手にキュイーンって。
画像

クルマバッタ(幼虫) Gasrimargus marmoratus
Locality: Kume-jima
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ハヤシウマ

2008/12/06 23:02
近畿地方の低山では最も普通なカマドウマ。しかし長らく不遇が続き、記載されたのは2003年。
画像

ハヤシウマ Diestrammena itodo
Locality: Osaka
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ハラヒシバッタ

2008/12/02 19:41
単にヒシバッタといえば、多くはハラヒシバッタに相当する。斑紋はいろいろだが、こんな緑がかっているのは少ない。
画像

ハラヒシバッタ Tetrix japonica
Locality: Osaka


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2008年12月のブログ記事  >> 

トップへ

日本のバッタ・コオロギ・キリギリス 2008年12月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる